合氣道唯心会世界総本部 aikidoyuishinkai-honbu

What is Mind? (3)   

by Koretoshi Maruyama

Founder of Aikido Yuishinkai

 

(Translators note: Parts 1 and 2 are available in Japanese at:  https://aikidoyuishinkai-japan-honbu.jimdofree.com/blog/)

 

I know I am repeating myself, but please allow me another opportunity to tell you about Soshu Shigyos definition of god. I sincerely hope that my brothers and sisters in Aikido Yuishinkai will memorise this definition. God is the fundamental reality of the universe and the essence of our life on earth. Nietzsche said that God is dead. What he has trying to say was not that God had disappeared, but that God was no longer in the minds of people. In fact, God was killed to accommodate peoples material desires. This was the beginning of Western science-based civilization.  Morihei Ueshiba-sensei truly believed in the existence of god with all of his being. He prayed every morning and evening at the alter in his living room, even while he was on his deathbed.

 

On the night before his death, Ueshiba-sensei suddenly got up at 2:00 a.m., and cried out Maruyama – take me to Iwama (shrine). I must go to Iwama in an attempt to appease the gods.

 

The founder, Morihei Ueshiba said aikido is love. Love is not just a word. It is felt in your entire body and soul. Love is prayer and prayer is a way of directing our intent. Prayer is not contained in the words we say. It is the determination of the spirit behind those words. Without that determined love, chanting sutras becomes mere noise, no matter how beautiful your voice or words of prayer. When small children who can barely walk see their mother return home, they shout Mummy! and run to greet her. This is the determined love Im talking about.   

 

Even Moses, who I talked about in the previous post, would most likely be considered a bad person if he lived today. The Israelites lived comfortable, bountiful lives, yet Moses led them to wander the wilderness in search of God for 40 years experiencing only suffering. However, they all believed in God and prayed with all of their being. The epic poetry describing that suffering created the Jewish community.

 

Do you understand? The spirit that single-mindedly thinks of God is the Aikido that Morihei Ueshiba-sensei created.

 

Imprint the following on your subconscious. I am one with God (nature = heaven and earth). This is because I was created by god and was given a mind that believes in God. Animals do not have such a mind. I am grateful to be a human and I will live a courageous life without fear or doubt.

 

 

「心」とは(三)

会主 丸山維敏

くどいようですが、ここに再び執行草舟先生の神についての定義を記させて頂きます。

会員諸兄姉には、この定義を丸暗記して頂くことを強くのぞみます。

「神とは、この宇宙の根源的実在であり、我々の生命をこの地球に送り込んだ実体のことである。」

ニーチェは「神は死んだ」と云ひました。彼が云ひたかったのは、神が居なくなったのではなく、人々の心から神の存在が排除されたのです。然し、事実、人間の物質的欲望のために神は殺されたのです。そして、そこから西欧の科学文明の独善的な発展が始まりました。

植芝盛平先生は、本当に神の存在を信じて、信じ切っておられました。死の床についていながら、居室に祭られた祭壇に毎朝晩祈りをささげていらっしゃいました。


死の前夜、午前二時頃、突然起き上がれると、祭壇に向かって這ひながら「丸山、わしを岩間(神社)に連れて行け。わしは岩間に行かなければならぬのじゃ。」と叫ばれ、おなだめするのに苦労いたしました。


開祖植芝盛平先生は「合氣道は愛じゃ」と申されました。愛とは、言葉ではなく、全身全霊で感じるものなのです。愛とは祈りであり、祈りは「意乗り」です。祈りは私達の発する言葉の中に含まれているものではありません。その言葉を発する心の一途さの中に含まれているものです。その一途な愛がなければ、祈りの声や言葉がどんなに美しく響こうが、それは単なる経をとなえる騒音に過ぎません。ヨチヨチ歩きの幼児が、外出から帰った母親を見て、「お母ちゃん!」と馳け寄る、あの姿こそ一途な愛と云えましょう。


前号で記したモーセも、今の人に云はせればひどい人間になるでしょう。皆が安楽に豊かに暮らしていたのに、神を求めて荒野に出てさまようこと四十年間、誰にとっても苦しみしかない状態をまねきました。しかし、皆は全身全霊で神を信じ、祈りました。その苦しみを詳細に描ひた、膨大な叙事詩が民族としてのユダヤ人を創り上げたのです。


おわかりですか。この一途に神を想ふ心、これが植芝盛平先生の創られた合氣道なのです。


「我は神(大自然=天地)と一体である。何故なら我々は神に依って創られ、神を信じる心を与えられた。動物達にはその心は無い。


人として生かされていることに感謝して、怖れ、疑念を排除し、勇気を持って生きて行こう。」と、潜在意識にたたき込んで下さい。


これこそ、私、丸山が会員諸兄姉に願う唯心会合氣道の心なのです。




ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

合氣道唯心会について「武道」とは何でしょう。

 

今から約五百年前、日本の戦国時代がようやく終わりを告げようとする時、時の徳川将軍指南役である柳生但馬守(やぎゅうたじまのかみ)に対し、禅師沢庵宗彭(たくあんしゅうほう)が与えた書に、有名な「不動智神妙録(ふどうちしんみょうろく)」があります。

この書に付随するものとして、「太阿記(たいあき)」がありますが、その書き出しは「蓋(けだ)し兵法者(へいほうしゃ)は勝負を争わず、強弱に拘(かか)わらず云々」とあります。

これは武士たる者は、勝ち負けを競うことなく、仂(はたら)きの強い弱いにかかわらずという意味です。

 

すなわち、「武道」とは「人が人として生きるには、どうすべきか、どうあるべきか」を問うものであり、勝ち負けを競うことではないと考えます。

 

合氣道唯心会は、人が人としてどうあるべきかを、型と技を通して知ることを目指します。まず、その目的とすることは「調和」、「愛」、「光」、そして「絶対に不動の自分」です。それには、完全な脱力から、上、中、下丹田を意識して使うことを稽古します。

 

「脱力(リラックス)と調和」なくして真の技は使えません。

「百聞は一見に如(し)かず、百見は一触に如かず、百触は一悟に如かず」と申します。

 機会がありましたら、ぜひ私達と一緒にお稽古を致しましょう。