「氣」がわかりました
04日 1月 2024
会主 丸山維敏 明けましてお芽出度う御座居ます。 昨年はウクライナへのロシア侵攻に続いて、ハマスによるイスラエル侵攻から、両者の戦争迄はじまりました。...

今、此処に生きる
12日 10月 2023
会主 丸山維敏 かつてアメリカの精神社会に興味を持つ人々の間に流行った言葉に「HERE AND NOW(ヒヤ、アンド、ナオ)」と云う言葉がありました。ご存知のコロナ禍で、もう数年は渡米しておりませんが、もしかしたら今でもこの言葉を使っているかもしれません。...

04日 6月 2023
会主 丸山維敏 今回は合氣道の有段者が着ける袴について記したいと思います。 その前に、稽古衣は白、袴は紺、あるいは黒なのは、何故かご存じですか。 それは元来「白」は清浄を表わします。キリスト教でも結婚式では白の服を着ます。万国共通ということでしょうか。...

23日 3月 2023
会主 丸山維敏 おかしな表題だとお思いでしょう。私は前号で「感性と理性」と題して、理性をも含む感性について記します。と書きました。 実は、その原稿を書いた昨年暮れより、今日に至る迄、余りに人心が荒れに荒れ、理性などと書く氣が馬鹿らしくなってきたのです。...
感性と理性
01日 1月 2023
会主 丸山維敏 明けましておめでとうございます。 コロナ禍も低調になったり高調になったり、予防の為のワクチン注射も、四回目になったり五回目になったり。まるでコロナ禍は、丁度インフルエンザのようにこの先、何十年何百年続くか、全くお先まっくらの状態と言っても過言では無いと思われます。...

16日 10月 2022
会主 丸山維敏 暑い夏が過ぎようとしている時、またも悲惨な事件が起きてしまいました。...
11日 7月 2022
会主 丸山維敏 先日この欄で、「笑ひ」について記しましたが、これが世界で驚く程受けました。 ある外国の道場では、「感得致しました。今日此の日を笑ひの日として、全員で笑ふことにしました。有難う、ワッハッハァ」というメール迄いただきました。...
アホと合氣道
15日 3月 2022
会主 丸山維敏    先のこの欄で、歌舞伎の名優故中村勘三郎さんの言葉を載せました。「伝統は続く。何故続くのか。面白いからだ。それは心意氣と美しさの中にある今を活きる人間の心の叫び、明るさなのだ」  この面白さ、明るさを突き詰めていくと究極は「笑い」になります。...

01日 1月 2022
会主 丸山維敏 「皆様、明けましてお芽出度うございます。」  二〇二二年の幕が開けました。思へばコロナ渦に翻弄された去年、一昨年でした。  折角、新規感染者が減ってきたと思へば、オミクロン株なる新種が出現し、世界の人々をおびやかしております。まるでイタチごっこです。...
25日 10月 2021
会主 丸山維敏   長いことお待たせ致しました。ご存じの如くコロナ渦の為、稽古も中断したままになっておりましたので、つい、書く氣も失せてしまいました。 幸い、新型コロナウイルスの新規感染者も減ってきており、街にも活氣が出て参りましたので、ここで、(その二)をお送りしようと思います。...

さらに表示する